今日もわたしはひとり考える